万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【中古万年筆】オークション、フリマ、買取店いったいどれがいいの?【フリマ編】


どうもみなさん、こんにちは!

こちら、査定デスクです。


今回は、前回記事の続きという形で、オークションやフリマと、
買取店利用はどっちがいいのかっていうのを記載していきます。


ちなみに前回の、万年筆を売る時はブランド買取店でいいのか~って記事はこちらにあるのでよければどうぞ!


それでは、さっそくはじめていきましょう!

フリマ?オークション?買取店? 万年筆を売る時にいいのは?


いらない万年筆があるんだけど、どこで売ったらいいんだろう?

 



フリマアプリ?



ネットオークション?



買取業者?

 

 

 

う~~~~~~~~~~~~ん……?


はい、まあよくあるお悩みですよね。

正直な話買取店を営んでいる身としては、「当然買取店!」と言いたいのが正直なところですがw

ただ今回は今実際に悩んでいる皆さんのお役に立てればと、なるべく公正な見方で勧めていきます。

まず結果から言うと、


目的別に変わってきて、
それぞれにメリット・デメリットがあります。


はいもう、身も蓋もないww


ただしょうがないことに事実なんですね。
これは次のように分けられます。


どうしても高い値段で売りたい→フリマ


できたら高く売りたい→オークション


なるべく早く売りたい→買取店

 


と、こんな感じですね。

それぞれ詳しくお話していきましょう。

中古万年筆の販売 フリマ編


はい、まずはフリマ。
ここでは主にネット上のフリマを言いましょう。
(まぁ、リアルのフリーマーケットでもいいわけなんですが)

意外なことにオークションよりも高く売れる可能性があるのはフリマです。

これにはちゃんと理由があって、フリマの特徴である、


値段が変動しない

というのが大きな要因となっています。

 

皆さんお財布の事情ってありますよね?
それは人それぞれです。1000円までならOKって人もいれば、
いやいや、1万円、いやいやいや、10万円だって出せちゃうってひともいるわけです。

では例えば1万円までOKの人がいたとして、ほしい商品が9千円でオークションに出ていたとしましょう。

「お、このモデルほしかったやつだ、9千円だったら出せるなぁ」
「あーでもオークション。9千円以上になっちゃったらいやだよなぁ……」
「自動入札でやたら高くなっても嫌だし、かといって張り付いて見ているほどじゃないし……いいや、やめとこ」

こうなるわけですね。

オークションは予想外に高く売れることもありますが、その値段が変動するという前提が、
そもそも人を寄り付かせない原因にもなります。
そこがフリマだと、その値段なら出せるぞ!って人がいればすぐに売れていくわけですね。


値段が見たとおりであればお財布の紐もゆるくなるってものです。


ただ、これにはデメリットがあって。


・きちんと売っているものの相場をわかっている必要がある


という点です。


まぁ、すぐに買われてしまうというのですから、自分が最初に考えた値段以上にはならないわけです。
これは傷もあるしなぁ……と千円で出品していたものが、実は一万円近くで売れることもあったりするので、
その点ではフリマは不利と言えます。


っと、しっかり書いていこうと思ったらいつの間にか長く……


オークション編と買取店編はまた次回以降に!

今回はこれまで!



PageTop