万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

セーラー万年筆 ミルコロール ブルーを売りたい方はご必見。

こんにちは、こちら査定デスクです。

今回はお売りいただきました万年筆の一本、ミルコロール ブルーを紹介させていただきたいと思います。

最近ですとパイロットのカクノが出てきたことでキュートでポップな万年筆もある、ということが広く知れ渡ってきたかと思われます。

こちらのミルコロールもそういったポップな雰囲気を持つ一本です。

ゴールドリングでわけられた色合いはどこか柔らかく、年齢を問わずに贈り物としてピッタリな一本でしょう。

 

こちらのミルコロールも、そういった贈り物としての役割を果たしたのでしょう。

大事にされていたようで、キズなどもなく非常に良品でした。

保証書やその他付属品はございませんでしたので、買取価格は【7,000円】となりました。

 

さて、ここからは査定に送る前に気をつけたい部分として、

軸後部やキャップ、首軸の取り付け部分など、【ネジ式部品の接合部】についてお話をしたいと思います。

嵌合タイプ(マジックのキャップのようにパチッとハマるタイプ)の部品よりも

しっかりと確実にとまるため、あるいは限られた面積で多数の機能を持たせることに適しているため、

万年筆ではネジ式部品が多く使われております。

緩んでいてはキャップが外れてきて首軸が傷つく原因にもなるのですが、実は締め過ぎ、捻り過ぎにも注意をしなければなりません。

 

こちらはペリカンのスーベレーンの旧タイプです。

プラスチックもモノですから、経年とともに劣化が引き起こされます。

「もう使っていないから売ってしまおう。でもその前に、ちょっとでも高くしてもらうために綺麗にしておこう!」

と、お掃除をされる際にインクで固まった軸部を無理に捻ったために……こうなってしまうケースもございます。

※画像は同じように失敗した筆者のペンです。

今回のお品はこのように綺麗でキズなどはございませんでした。

 

動かないなと思ったら無理に動かそうとせず、どうして動かないのかを一度見定めてみる必要がございますね。

インクの固着にはぬるま湯に入れて放置! これです!

 

それでは、今回はここまで。

 



PageTop