万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【手作り万年筆】古い機構の珍しい万年筆をお買取しました!【エボナイト製】


どうもみなさんこんにちは。

こちら、査定デスクです。

皆様のお申込みいただき、また年末ということもあってか、立て込んでいた買取と査定も無事終了!

しばらく滞ってしまった買取ブログもようやく更新となりました。

さて、今回は買取しました商品のご紹介……
なのですが、その前に!

年末年始休業のお知らせとさせていただきます。

当店では誠に勝手ではございますが……!

12月29日~1月3日までを年末年始休業とさせていただきます。

期間中でもお申込みは行っていただけますが、ダンボールの送付は遅れてしまう可能性がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

また、詳細な査定結果は1月4日以降となってしまいますので、こちらにつきましても、あらかじめご了承くださいませ。

さてさて、告知はこの辺で……次は買取商品の紹介と参ります。

手作り万年筆 二本を仕入れました!


今回お買取しましたのはこちらの二本。
このクリップで見覚えの有る方もいらっしゃるかもしれません。
(※当ブログでは初めての登場ですが)


土田修一 SWNA 101


酒井栄助 手造万年筆 竹
※敬称略

の二本となります。

どちらも手作り万年筆舗から出された、エボナイト製の万年筆です。
※エボナイト……簡単に言うと、プラスチックの前に使われていた硬い樹脂です。

ネットでの販売はほぼほぼ行っておらず、あるとすればオークションや当店のような中古商品として、という場合がほとんどですね。

この万年筆はかなり古い機構が組み込まれています。
通常、というより、今の主流な万年筆は、カートリッジをつけるか、コンバーターや内部のスクリューでインクを吸い上げるタイプです。

ところが今回のこの万年筆は――首軸を外して、直接インクを注ぎ込むタイプ。

なんですと……。

軸がインクタンクになっている万年筆は珍しくないですが、そこに直接入れちゃうとは……。
スポイト必須です。筆者は持っていないので、モンブランのメンテナンス用コンバーターで代用します。

名称としては、「インキ止め式」と言うそうですね。

内部中央には首軸の穴を抑える棒が通っており、普段は棒が弁となって、穴にピッタリ合わさってインクを止めます。
尻軸を少し開けると弁が開かれ、インクがペン先へ流れ出す、という仕組みですね。
時期としてはかなり古く、明治・大正時代に使われていたものとのこと……。

早速使ってみました! なるほど、たしかに両方共ペン先は柔らかく、書き味は滑らかです!

インクの出も申し分ないですが……インク漏れが!
竹の方は大丈夫なんですが、SWNA101がだいぶ漏れてきますねぇ。
ボタ落ちではなく、後ろの尻軸の切れ込みから漏れてきます。
尻軸側の弁が擦り切れてしまっているのでしょうか。
使うのはなかなかテクニックが必要ですね……。

さて、今回はこの辺で!
皆様今年は一年間、誠にありがとうございました!

来年もまた努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

当店リンク一覧

当店へのお問い合わせ種別のリンクです。
お困りの内容、お聞きしたい内容に近いリンクにとんでいただければ、お役に立てると思います。

「買取の前に値段がしりたいな~」
そんなお客様はこちら!

「とにかく早く買取してほしいんだ」
ありがとうございます。こちらが買取依頼です!

「たいしたことじゃないんだけど、チョット聞きたいことが……」
どんなお問合わせもお受けしております。お気軽にこちらへ!
電話のお客様:0426896992
メールでのお問い合わせ:northpens@gmail.com
当店お問い合わせフォーム:こちらです!



PageTop