万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆よもやま話】筆圧の強い人はボールペンがおすすめという話

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

今回は買取というところとはすこし離れて、万年筆のうんちくについてすこし話していきたいなと思う次第です。

本当に万年筆のちょっとしたことに関する内容なので、本当に御用とお急ぎでない方はお立ち会い。

万年筆の取り扱いは、持ち方にも影響が……?

皆さんはこんな図を見たことはございませんでしょうか。

ペンの持ち方として参考にされる持ち方ですね。筆者的には正直ペンの持ち方っていうのは個々人の自由だしどうでもいいかなぁと思っていたのですが……最近万年筆を扱っているとそうでもないことを感じることが有りました。

というのは、時たま見かけるペンの上に中指を押し当てる持ち方の人。(指パッチンするときのような)

こういった持ち方の人が万年筆を使うと思わぬ弊害が起きるのですよ。

筆圧の強い人は万年筆の取り扱いには要注意!

実は筆者、先日すこし万年筆を人に貸すことが有りました。(いや、本当はいけないんですけどね? まあちょっと必要があって……)

ともあれそこで貸し出した人が……

こういったペン全体を握り込むように持つタイプの方だったんですよ

「ほぇ~、変わった持ち方の人だなぁ~( ゚д゚)」なんて大口開けて見ていたら……

ペン先を、グゥ~~ッ!

「待て待て待て待て待て待て!!(;゚д゚)!!!」

まあとっさに止めたので事なきを得たんですが。別に本人も悪気があったわけではなかったのでね、問題にはなっていないです。

ともあれ

こういった握り込み型の持ち方をされている方は、御本人も意識しないところでかなり筆圧が高くなっている可能性があります。
おそらく今まではボールペン類を主に使ってこられたのかなぁなんて思います。
先にもイイましたがこの持ち方の良し悪しを説いているのではないです。ただ万年筆を持つにあたってはすこし不向きな持ち方かもしれません。
万年筆は基本的にあまり強い力でペン先を紙に押し当てると、ペン先が広がって上手に筆記できないし、万年筆が悪くなる原因にもなります。

ですのでこれから高級筆記具のお買い求めを検討中の方は、万年筆は避けたほうがイイかもしれないというお話でした。

筆圧の強い人には……欧米製ボールペンがおすすめ!

さて、では筆圧の強い人は万年筆は向いていないということなのですが、逆に向いている製品もあります。

それは海外、特に欧州製のボールペン類はかなりおすすめなのです。下手すると日本製のボールペンよりも使いやすいかもしれません。

と言うのはですね、ボールペンのインク粘度にあります。海外製のボールペン類は基本的に日本の万年筆よりもねっとりとしているんです。
一方で日本製のボールペンは「紙の上を滑るようにサラサラと書けること」が良いとされています。
なので、筆圧が強い人からすると、インクが出すぎちゃって使いにくいなんてことにもなるんですね。
逆に欧米製のボールペン類は筆圧を強い人が多いために「紙にしっかり付けてグリグリと書けること」が良いとされているのです。

このあたりは実に不思議ですね。ペンを離すことが多い漢字、繋いで筆記体として書くことの多いアルファベットとの違いなんでしょうか。

さて、短いですが今回はここまで。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop