万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【筆記具お手入れ】耐水性インクと注意点

皆さんどうもこんにちは。

こちら、査定デスクです。
今回は買取関連ではなく、万年筆周りのお話をしていきたいと思います。

万年筆における油性って? 耐水性のあるインクってないの?

はい、そろそろこの話題にも触れていこうと思います。

万年筆を使用する際、あるいはこれから使う方でよく耳にするのが、
「万年筆って水性でしょ? 滲むし、濡れたら消えちゃうじゃん」
「履歴書書くのには万年筆って聞くけど、あれって意味ないよね、消えちゃうし」

……ああ、言いたい……万年筆は全て、そういったインクだけではないということを!!!

結論から言ってしまいますと、ブルーブラックインクは意外と滲みません。

ここまで読んでいただいているようなヘビー万年筆ユーザーさんには、今更なことかもしれませんが、
インクは一種類ごとに、耐水性が微妙に異なってきます。

水性といえば水性なんですけど、万年筆のインクっていうのは乾くと化学変化を起こします。
なので流れたり滲んだりするインクもあれば、しっかり乾けばもう取れることのないインクもあるんですよね。

履歴書といえば万年筆という所以はこういったところにあったりします。
まあ、現在は油性ボールペンでもかなり書きやすくスラスラとした書き味のものもありますから、それこそ万年筆の意味合いは薄いのですが、油性ボールペンの出る前は書いた後に消えない筆記具の代名詞だったわけです。

消えにくいインクって何?どれを選べばいいの?

さて、お話を戻しますと、具体的に消えにくいインクというのは……
顔料インクというくくりのインクですね。

国内メーカーで言えば、

セーラー万年筆 「極黒」

や、

PILOT 「ブルーブラックインキ」(画像の一番右側)

 

このあたりですね。
一番お求めやすいのはパイロットのブルーブラックインキですね。

「じゃあ普通のインクとの違いってなんなのよ?」
「どの辺を見て選んだり、勧めればいいの?」

大丈夫、お任せください。
調べました!

注意すべきなのは「顔料成分のインクである」ということ。

どういうことかというと、インクには水に染料を使って色を付けた染料インクと、水の中に色の粒が浮いた顔料インクがあります。
染料インク色のついた水なので、同じ水が流れてくると、そこに色が広がって薄くなってしまいます。
これが、滲んだり流れたりする原因ですね。
顔料インクは、乾くと水分だけが消えて、色の粒である顔料がその場に残ります。この顔料は耐水性を持っているため、水がやってきても大丈夫なのです。

もし水に負けないインクをお求めなら、顔料インクを選んでみてください。

しかし注意!

最近の顔料インクは進んでいますから、あまりそういうことはないのですが……

乾いても色の粒が残るのは、なにも紙面の話だけではありません。
ペン芯にも残ってしまうんです。

そのため顔料が詰まってしまうと書けなくなったりするので、細かなメンテナンスが必要なのです。
だからといって大丈夫というわけではないですからねぇ。
よく「ブルーブラックインクは万年筆を悪くする!」といっている方の理由は、こういう所にあったりします。

とにかく安いほうがいい!という方は、パイロットのブルーブラックインクを。
多少高くても品質の良いものを!という方は、セーラー万年筆の極黒をお買い求めください。

個人的には、カートリッジよりもコンバーターで必要なときに必要なだけ使う、というのをおすすめしますね。

それでは、今日はこの辺で!


2017-11-08 追記

以下宣伝となります。

実はノースブックセンター楽天市場店にも、水に落ちにくいインクを仕入れました!

こちらになります。


https://item.rakuten.co.jp/auc-pennorthbookcenter/p3-090-097/

セーラー万年筆から発売された、ストーリアというシリーズですね。

全8色の豊富なラインナップと、試しやすい20mlインクボトルです。

おっきいサイズのボトルインクは残念ながらまだ仕入れていないのです……
もっと売れてくれたら、仕入れるかもしれないんだけどなぁーー(チラッ

すみません、露骨でした。ごめんなさい。

ともあれ、筆者的にもなかなかオススメなインクではありますので、
もしよろしければご一考ください。

それでは、今日はココまで!


2018-03-19更に追記

再度宣伝となります。

我がノースブックセンター楽天市場店にも、
セーラー万年筆極黒を仕入させていただきました!

本格的なボトルインクタイプと、使うのに便利なカートリッジタイプの2つをご用意しておりますので、
ご入用の際には是非当店をご利用ください。

ボトルインクタイプはこちら!

カートリッジタイプはこちら!

ではでは、今回はこれまで!



PageTop