万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(月~金 9:00~17:00 土日祝日を除く)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆】作家シリーズエドガー・アラン・ポーを買取しました!【モンブラン】

どうも皆さんこんにちは!
こちら、査定デスクです!

最近はなかなか更新が滞っておりました、お恥ずかしい;

今回はそんなこともあって、話すことがいっぱいあります。
ラインナップはこんな感じです。

1……モンブラン 作家シリーズを買い取りました!
2……当店楽天ページより新商品が発売!(宣伝)

 

モンブラン屈指の人気シリーズ 作家シリーズ「エドガー・アラン・ポー」


今回ご紹介するのはこちら、モンブラン、作家シリーズの、エドガー・アラン・ポーです。

作家シリーズといえば、モンブランが誇る高級筆記具のシリーズですね。
どの万年筆も個性があり、それぞれの作家の特徴を表現したものです。

今回はそれらの中の一本、エドガー・アラン・ポーです。

 

※三行でだいたい、エドガー・アラン・ポー

  • 米国のホラー・推理小説家。
  • 「アッシャー家の崩壊」「黒猫」などが有名。
  • 江戸川乱歩がペンネームの由来にした。

 

名前は耳にしたことがあっても、なかなか作品までは読まないですからねえ。
気になった方はどうぞ書店で探してみてください!

さて本題に戻りますと……



作家シリーズ「エドガー・アラン・ポー」(以下はポーとさせていただきます)は、やはりといいますか本型の本体ケースに収まっています。外側の箱も完備! 保証書の記載からも間違いなく本物ですね。
首軸部分にヒビが入ってしまったのが残念でした……。

ポーの作風らしく、おどろどろしいグレーとモスグリーンの重なりあったケースは雰囲気バッチリ。
本体の方も、暗い紺色の軸が落ち着きを放っております。
とはいえ、怖い面だけでなくて、ブラックとゴールドの引き締めでしっかりと高級感を演出。
ペン先の鳥の彫刻と、ポーのサインがまたかっこいいですね。

作家シリーズですと、フランツ・カフカも筆者としては好みだったりします。
何気なく手にとった「変身」がひどく衝撃的でしたね。薄いながらも濃い本でした。

では、買取実績はこの辺です。

当店楽天ページより新商品が発売!(宣伝)

はい、宣伝です。潔くいきます。この項目は宣伝のみです。
「あ、セールスはちょっといいです……」って方は、左上の戻るでブラウザバックです!

実は今回、筆者はとあるイベントに行ってまいりました。
ISOTという、文具・紙製品の商談イベントですね。
いろんなメーカーさんがやってきて自社製品を宣伝したり、あるいはバイヤーさんが仕入れたりする、そういうイベントです。
テレビで見たことがある方もいるんじゃないでしょうか。開催日は7/6~8だったので、報告としてはちょっと遅れているのですが;

で、今回このイベントでとあるアイテムを仕入れました。
それがこれ、「ペントネ(PENTONE)」です。

このペントネ、ロールタイプのフセンなのですが、これがなかなか優れモノです。

ペンケースにフセンを入れると、ばらけてしまったり、持ったはいいけど大きさが足りなかったりしますよね?
このペントネは、ロールタイプなので一枚の大きさを自由に変更できますし、プラスチックケースに入っているためバラけない。
ペン立てに入れても使いやすいナイスなフセンなのです。

強いて言うなら、水性タイプのインクははじくので、万年筆ユーザーにはちょっとむずかしいかもしれませんね;
油性ボールペン・鉛筆なら問題なく筆記できます!

amazonではメーカーであるカンミ堂様が出品されておりますし、
楽天であれば、是非当店からお買い求めくださいませ!

amazonはこちら!

楽天はこちら!

では、宣伝はここまで!

今後も更新を頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします!



PageTop