万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆のインク】初めての万年筆におすすめはコレ!【どれがおすすめ?】

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

万年筆を使うときに、どうしても選びたくなるのがインク

「良い万年筆ってすっごく高いから手が出しにくいけど、インクだったら色々かえるなぁ……」

って風に万年筆のインクにはまる人はたくさんいます。

ということで、今回は「万年筆に優しいカラーインクの見分け方」というタイトルでやっていきたいと思います

では、御用とお急ぎでない分解好きな方はどうぞお立ち会い。

万年筆に優しいインク答えはズバリ、「染料インク」

みなさんは万年筆のインク、色が違うだけと思っておりませんか?

実は万年筆のインクには大きく分けて3種類あるんです。

古典インク、顔料インク、染料インクの三種類。

この中のうち古典と顔料はインク内に色の小さい粒粒がたくさん散らばっていて、それによって色がついているんです。なので、極端な話を言うとフィルターをかけると透明な水になるんですね。(わかりやすく言うと、ですよ? 実際には違うんですが……)

一方で染料インクは水そのものに色を付けているインク。そのため、放置していたりしても万年筆が悪くなったり、書けなくなることが少ないんです。

おすすめなのはやはり、パイロットの色彩雫<iroshizuku>

そこを行くと、パイロット社の色彩雫シリーズはおすすめです!

染料インクですから万年筆に優しいのはもちろんのこと、そのカラーバリエーションの多さにあります。

この春には新色も三つ出ましたからね!

ミニボトルサイズもオススメ!

そこで、問題が一つ。デカいんですよ、ボトルインクって。香水のボトルくらいある。

なので気に入ればいいんですが、気に入らなかったときがまずいですよね?

そんな時にはミニボトル! パイロットさんからだと3本セットの物が売っていますが、ショップによっては単品で売っていることもあるのでいろいろそろえるのもオススメです♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。もちろん、きちんと毎日使ったり、使わないときはお掃除を頻繁にするのなら、顔料インクもありです。

ラメ入りインクなんてものもあったり、個性のある名前や色だったり、カラーインクってのは楽しいですよ!

では、今回はここまで!

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop