万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【クロス】クラシックセンチュリーの中古品はオススメしない理由【cross】

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

今回はですね、クロスのクラシックセンチュリーについてちょいとお話していこうかなと思います。
製品そのものというよりも、中古品としてね。ほとんどボヤキみたいなものです。
このクラシックセンチュリーを買うときには中古品より絶対新品選んだほうがいいよー、とか。
もし中古品買うんだったらこのあたり覚悟しといたほうがいいよー、って内容として、参考にしていただければ万々歳でございます。ハイ。

では、御用とお急ぎでない分解好きな方はどうぞお立ち会い。

クロス クラシックセンチュリー

はい、まずはなんとなくの商品の概要から。

クロス社クロス社はアメリカの一大筆記具生産企業で、かなり有名な企業さんですね。

そのなかでクラシックセンチュリーは、クロスの創業から100周年を記念して作られたモデルです。1846年創業ですから、生まれは1946年。今となっては75年も使われ続けているベテランボールペンです。
ちょこちょこクリップのロゴが変わったり、カラバリが増えたり減ったりってことはあったりするんですが、その基本構造はほぼそのまま。完成されたボールペンと言っても過言ではありません。

新品のクラシックセンチュリーは間違いなく良品。しかし……

そんな70年近く活躍しているモデル。新品のクラシックセンチュリーは間違いなく良いものなんですが……

中古品であるとそうでもないのが現状なんですね。

クラシックセンチュリーっていうのは、内部のパーツをネジ等ではなく、接着剤と嵌合で組み合わせています。
つまりそのパーツの「キツさ」で挟み込み、そこに接着剤などで補強することで成立しているんですね。
 これが良くない。
 新品で、一生ものの筆記具ということで持っている分にはいいんですが、嵌合式というものは常時片方のパーツに負荷をかけ続けているということになるため、どちらかのパーツが壊れやすいんです。
 で、私が中古品のクラシックセンチュリーを見ていると、これらが高確率で壊れている可能性が高い。(あるいは壊れてしまったから修理に出すとお金がかかるし買取りに出した、というケースがほとんどなのかと思いますが)

 

いずれにしても中古市場に出回っているクラシックセンチュリーは、高確率でこれらの嵌合式に不具合が生じていたり、劣化が来ている可能性があるんですね。
そうなると、いざ買ってみてもペンがカラカラと空回りすることも……。

じゃあ直したらいいじゃない! という声も上がってきそうですが、そんなときに障害になるのが、このペン先。

この部分がですね、すっごい硬いんですよ。もう溶接でもしているのかってくらい。表面の金属が変質しないように熱を加えて接着剤を緩めつつ、ここを回す必要が出てくるので、なかなか直すのが大変なんですねぇ。

というわけで、今回はクラシックセンチュリー買うんだったら新品がいいよーという話でした。今回は短いですが、ここまで。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop