万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【パーカー】parker IMを分解してペン芯をじっくり見てみる。【万年筆】

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

今回はですね、分解記事でございます。
今回分解するのはパーカーの万年筆 IMですね。
こちらを分解して、ペン芯までじっくり見ていこうかなという所存でございます。ハイ。

では、御用とお急ぎでない分解好きな方はどうぞお立ち会い。

パーカー IM について

まずはこちらが、パーカーIMでございます。

IMと書いて「アイエム」ですね。

パーカーのエントリーモデルで、お値段は6000円と、かなり安めの商品です。

一万円を切る万年筆ですから、対象となるターゲットは新社会人といったルーキーになりますね。

今まで万年筆を使ったことのない人でも使いやすいようにと、ペン先はスチールで硬い書き味を持っています。

いざや分解

こちらの商品、しっかりした作りで分解も極めてかんたんです。

ペン先にセロテープをくっつけて引っ張る。これだけ。これで抜けないときはインクが固まっているので、一度水につけましょう。

ペン芯を見てみる。

そしてこちらが抜いてみたペン芯。じっくり見ていきましょう。

フィンは29枚
インクラインは2本。
ラインからあふれたインクと、首軸内部のインクがフィンに保持されるといった形式ですね。

万年筆のペン芯としてはよくできた構造です。特に悪い部分も見当たらないし、きちんと作られたペン芯ですね。

しかし、パーカーの万年筆は常々ある噂がつきまとってしまうんですねぇ。これについてのお話がちょっと面白いので一つ。

パーカーの万年筆は乾きやすい?

はい、こちらの見出しの通り、パーカーの万年筆は乾きやすいというお話がよく上がるのですねぇ。
これはなぜかといいますと、パーカーの万年筆のキャップ部分。これにはたいていどの商品にも「穴」が空いているのですね。
プラチナのスリップシール機構とは真逆で、いうなればキャップを付けていようといまいと、常に外気にペン先が触れている状態なわけです。
それで、インク内の水分が蒸発して逃げていってしまい、しばらく放っておくとかけなくなる、なんて言われたりします。

じゃあなんでそんな穴を開けているのよっていう話になるんですが、公式発表はされていないんですよ。そのためいくつか説があるのでご紹介。

カートリッジ販売戦略

これはインクをわざと蒸発させて消費を早くして、インクをたくさん買わせよう作戦を企んでいるという説。

誤飲時気道確保説

これは子供がもし万年筆のキャップを誤って飲んでしまったとき、キャップに穴があいていれば呼吸をすることができるため!という説

結露防止説

キャップを密封した状態で飛行機に乗ってしまうと、飛行機が上昇したとき、キャップ内部と外部との気圧の差でペン先に結露が生じてしまい、ペン先をサビさせたり、インクが飛び出たり、カビが生えるのを防ぐため、とする説。

 

と、このように色々言われているんですねぇ。
個人的には3つ目の結露防止説が一番濃厚かなぁという気がしています。
カートリッジ販売戦略にしたって、外気に触れて蒸発し続けてしまうとしても、カートリッジはひとつあたりせいぜいが500円程度。いくらたくさん買ってくれるからと言ってそのためにわざわざそんな手の混んだ細工をするかというと微妙ですし。
誤飲時気道確保にしても、いやいやそんな小さな穴じゃ呼吸なんかできないでしょというのが率直なところ。アメリカの企業ですからね、電子レンジと猫の訴訟ジョークみたいなものかなと思います。

まあ、こういう考察は色々あるとちょっとおもしろいと思う筆者なのでした。

パーカーIMも万年筆としてはとてもいいモデルなので、エントリーモデルとして購入された方は、ぜひキャップの穴を塞ぐなどして使ってみてください。

では、今回は簡単ですがここまで。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop