万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【オノト】デ・ラ・ルー社 オノトの復刻版 中古品ならではのカスタム品【ONOTO】

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

今回はですね、ちょっと珍しい万年筆を手に入れたのでご紹介です。
サクッと短めの記事なのですが、お付き合いいただけましたら幸いです。

では、御用とお急ぎでない分解好きな方はどうぞお立ち会い。

オノト デ・ラ・ルー

というわけでこちら。
英国はデラルー社。でございます。
正確にはデラルー社の万年筆「オノト」の復刻版なのですね。
まずはざっくりと概要をご紹介。

デラルー社とは? オノトって?

まずはデラルー社について。

正式名称はデ・ラ・ルー公開有限会社。イギリスにある会社で、簡単に言うとお札を発行する会社ですね。

複製不能なこまか~~~い印刷の技術を持ち、紙幣の他にパスポートだとか運転免許証だとか公的印刷物の印刷を行ってきました。
1821年に発足した今年でなんと200年の歴史を持つ長寿企業ですから、もちろん色々なビジネスをやっていたわけで、その最初期のビジネスの一つが文房具商だったわけです。

そんなデ・ラ・ルーが、過去に生産した万年筆が「オノト」なわけです。つまり「オノト」は製品名。「パイロット」の「カクノ」とか、「ペリカン」の「スーベレーン M400」みたいなものですね。

あの夏目漱石がオノトを愛用していたというのも有名ですね。

丸善との関係は?

で、そんなオノトについて調べていると突然「丸善」の名前が出てきます。「オノトは丸善の万年筆だろ」という声もちらほら聞こえるほど。

実はですね、上記のデ・ラ・ルー社。1958年に万年筆生産をストップしてしまっています。撤退しちゃったんですね。採算が合わなかったのでしょうか。真相は定かではありませんが、人気はあったものの新品が手に入らなくなってしまったデラルーオノトは、一時は姿を消すことになります。

しかし、今から二十年ほど前、大人気だったデラルーオノトを引き継ぎ、オリジナル万年筆として販売したのが丸善だったのです。

ですので、基本的に現在出回っているオノトはその殆どが丸善製の復刻版。「オノトは丸善の万年筆」というのもこういったところから来ているんですね。

中古のカスタムオノト

そんなわけでこちらのオノトなのですが、勘のいい人は気がつくでしょう。

そう、ペン先が純正品ではないのです。ウォーターマンのものに切り替えられてしまっていますね。
残念ながら、買取という面でいうと、この状態はどうしてもさほどお値段はつけられません。

しかし、書き味という部分では抜群! 問題があるとすれば、内部の弁が壊れていてプランジャー式ではなくなってしまっていることですね。つけペンとして使ったりするぶんには問題ないです。

もともとの完全な、全てオリジナルのパーツを使ってこそ至高! という人もいらっしゃるかとは思いますが、筆者としてはこういう古くても良い物がなんとかかんとかして使えるようにつないでいるのを見ると、すこしグっとくるものがあるんですね。

今回はあまり有益な情報ではなかったのですが、こちらの商品を紹介したくブログにしてみました。というわけで、今回はここまで。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop