万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆】パイロット社製万年筆 カクノを分解してじっくり見てみた。【分解】

どうも皆さん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。

今回はですね、分解記事でございます。

パイロットの安価かつ初心者にも使いやすい万年筆。KAKUNO!
このね、笑顔の可愛いカクノちゃんを、今回は分解していっちゃいますよ。じっくりしっかりペン芯も見てしまいます。

では、御用とお急ぎでない分解好きな方はどうぞお立ち会い。

Pilot カクノ

はい、まずはこちら。 パイロットのカクノです。

もはや言わずとしれたパイロットの誰でも使える、初めての万年筆として有名なカクノ。 2013年に発売された商品なので、2021年現在で8歳です。
小学校の三年生とか二年生くらいでしょうか。お子さんを万年筆沼にはまらせるのに最適かもしれません。まあ、シャープペンが禁止になる教育現場なので万年筆が許されるかどうかは謎ですが……。

ともあれ、オーソドックスなカートリッジ・コンバーター両用式で、ボディはペン先を除いて全面プラスチックだから軽く、ペン先もスチールタイプで硬いので使いやすいのも特徴。正しいペンの握り方も学べるすぐれものです。

ペン先のニコニコが可愛いですね。

いざ、分解!

さて、無事紹介も終えたところで分解分解!

分解方法は超カンタン。セロテープでペン先をくっつけて、引っこ抜く。これだけです。

もしこれで抜けない場合は何か固まっている可能性がありますからね、一度ぬるま湯につけて様子を見ましょう。

ペン芯の構造

では、早速引き抜いたペン芯を見ていきましょう。

フィンは片側16枚で前6枚、後ろ10枚。ペン芯としては平均的なフィンの量。これなら気圧変化でインクが漏れ出す心配はないでしょう。

ペン先へのメインインクラインは1本です。サブラインはペン芯根本の裏側を通って太いラインへと繋がっています。

メインラインのハート穴がふさがってしまっていたとしても、下側サブラインから空気が吸入されてスルスルとインクが出るという仕組みですね。

上部でガイドをあり、分解初心者としても安心して使える万年筆。

更にカクノはこのように……

ペン芯の一部に凹みと、ペン先にもストッパーが施されていて、常に最適な位置に設置できるように工夫がされています。

これのおかげで、多少は手荒に扱っても大丈夫な万年筆なんですね。いろいろな意味でおすすめのいい万年筆です。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop