万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【注意】リプロダクト品という言葉に気をつけて……【偽物】

どうも皆さん、こんにちは! こちら、査定デスクです。

今回はですねぇ、偽物に関する記事です。

今回はほんのちょっとだけ、偽物を見分けるのに役立つ記事になるんじゃないかと思います。

「偽物」というと誰も食いつかないので、「スーパーコピー品」とかいう言い方を今までされていましたが、さいきんちょーっとそれも異なってきたので情報共有です。

ちょっとしたボヤキも混ざっていますが、それでもよろしい方はどうぞお立ち会い。

偽物界の新たな刺客!? リプロダクト品

モンブランの製品ってのはちょこちょこ偽物が入ってきますね。

有名所で言うとNo.149や146、スターウォーカー、ボエムなど。比較的ここ十年以内のモデルに多く見られる傾向があります。

最近だと偽物だとかスーパーコピー品だとか言わずに、「リプロダクト品です!」って出している人もいますしね。

これですよこれ。リプロダクト品っていう言い方が、最近ちょーっとずつ、ちょーーーっとずつ増えているんです。気をつけてくださいね。特に個人取引で万年筆とかを買っている方は要注意です。

リプロダクト品って……?

「リプロダクト」を英語で書くと「reproduct」。「re」は「再」で、「product」だと「製品」ですが「produce」の名詞型なので「生産する」って意味で捉えてok。まあ平たく言っちゃうと「再生産品」ってことなんですよね。

これだけ聞くと。

「なーんだ、要は再生産品でしょ? 別に偽物でもなんでもなくない?」ってなります。
たしかにね、それだと何の問題もありません。何だったら今は購入できない商品を、もう一回購入できるチャンスが回ってきたのだからむしろハッピーです。
ニンテンドーがゲームボーイを当時のデザインを忠実に再現して再販したとか、ちょっと世代の人には嬉しいですよね。
ですがリプロダクト品という言葉にはこれだけでは終わらない闇があったりします。それは……

「とても優れたデザインや商品があって、その意匠権(著作権みたいなもの)が切れたから、それと似たようなデザインにして作ったもの」という意味合いの場合。

だいぶグレーなリプロダクト品

リプロダクト品ってのは、家具業界で使われることの多い言葉です。有名デザイナーのデザインした家具を忠実に再現して作成したもの、って感じですね。

で、先程もアップしました「意匠権が切れた優れたデザインを似せて作ったもの」というワード。これがね問題なんですよ。

そもそも「意匠権」っていうのは何なのかって言うと。

物・建築物・画像等々のデザインに対して与えられる権利で、著作権みたいな物。というような感じです。かんたんに言うと、著作権は芸術的なもの、意匠権は商品とか道具、というふうに考えてみてください。詳しくは上のリンクを見てもらうとして……。

著作権ってのは作った瞬間に発生します。けれど、意匠権ってのは……申請しないと手に入らないんですね。コレが問題。

海外の物品だと、そもそも日本国内に「意匠権」を持っていないケースってのが有るんですよね。
ですからリプロダクト品ってのを作った人がいたとして、それを指摘しても……

「コレは意匠権が切れているものだから問題ないんでぇ~す」とか

「日本では意匠権がないから、別にコレは真似してもいいんですぅ~~」とかね、そういうことを言うわけですよ

かなり、グレーです。ほとんどコピーと変わらないパターンってのもの多いですし、現に家具業界ではこれによって大量の違法製品ができてしまって困っているんだとか。
もちろんね、きちんと版権に許可をとってライセンス料を支払って、その上で生産しているんだったら何の問題もないんですよ?
ただ、そうじゃない人があまりに多いっていうのが現状。

で、この流れがね、実は最近万年筆にも流れ込んできているんですよ。
私が見かけたのはラミーのサファリでしたが、おおよそ氷山の一角でモンブランの万年筆でも浸透している可能性はあります。

やたら安いモデルには気をつけて!

「欲しいものがあったらできるだけ安く手に入れたい!」
そう思うのは平成というその殆どがデフレにデフレを重ねて負のスパイラルが30年続いてきた日本の価値観としてはなかなか取り外すことは難しい概念ではありますが、
それでも安いものには何らかの裏があるものです。欲しいモデルと同じものがある! でもなんだかやたらと安いな……というものがあったら、そこは一度、冷静になって考えてみてください。

それでは、今回はここまで。

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop