万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆】この名入れ、どうやって除去しよう……ネームのとり方を見定める方法【名入れ】

どうもみなさんこんにちは。こちら、査定デスクです

本日はですね、万年筆のネームについてですよ。具体的に消す方法まではお伝えできないのですが、そのヒントまでは書いていってみようかと思います。
といっても全く大したことではないので、あまり期待しすぎないでいただけると筆者の肩が非常に楽になるので何卒何卒……

では、御用とお急ぎでない方は是非ご覧くださいませ。

そもそもネームとは? 名入れとは?

そもそも、万年筆のネームとは。つまりは、「名入れ」です。

万年筆やボールペンの側面にプレゼントを送る相手の名前を入れるという文化ですね。もらった人は嬉しいそうですよ。あたしゃひねくれものなんで好きじゃないですが

まあ、筆者の好みはさておき、もらった時は嬉しくても、何らかの事情で手放さなければならない時にコレが大きな足かせになるんですよ。

メルカリやヤフオクで出したり、買取店に売るにしても新しい人が前の人の名入れがはいっていたらちょっと嫌ですからねぇ。スズキさんが「tanaka」って名前のはいっているモノを持っていたらおかしいでしょう?

そういうわけで結構な人が実は消したいと思っている名入れ。コレを消す方法はいくつか存在します。

ネームを消す方法は、ネームのタイプを見極めるべし

まず大きなポイントとして、そのネームがどういったものなのかを見極める必要があります。ネームというのは色々ありますが、大きく分けて次の2つです。

A:プリントタイプ

まずはこちらのプリントタイプ。ちなみに名前は適当です。
これは、万年筆の上にプリンターで塗料を”乗せて”いる状態ですね。
この場合は上に乗っかった塗料を削っていき、下地を覗かせるという方法が必要です。

B:彫刻タイプ

続いてこちらは彫刻タイプ。
手作業にしろレーザーにしろ、万年筆本体に文字を彫り込んで行くというものになります。

万年筆の表面が削られているわけですから、その部分を何かで埋めて均すか、あるいはその周りの土手を削って同じ高さにするかのどちらかということになります。

万年筆の素材も重要

さらに大事なのは万年筆やボールペンなど、そもそもネームが施されている部分の素材です。

多くの万年筆は樹脂で作られていますから、この場合はまだ楽です。プラスチック系の万年筆はそのボディの色が成型色(プラスチックそのものにつけられた色)であることが多いので、削って新しい面を出せばきれいな面が出てくるのです。
名入れが見えなくなるまで削る。それで、そのままその面を鏡面仕上げしてピカピカにする。とこんな感じ。

ただし注意があり、樹脂というのは壊れやすいもの。磨きすぎたり削りすぎれば、当然壊れる可能性があります。

問題なのが金属軸の場合。金属というのはプラスチックのように成型色であることは有りませんから、カヴェコのブラススポーツのような金属の素材を全面に出したペンでもなければ削れません。基本的には後からラッカー塗料を塗って鏡面仕上げする必要があります。

更に問題なのは金属軸への名入れは、基本的に深く彫り込んでいる場合が多く、そこを削って慣らすのは至難の業。この場合は同じ素材で穴を埋めて、表面を塗装しなければなりません。
アルミならともかく、多くの万年筆で使用される真鍮などは特殊な炉が必要でとてもじゃないけれど個人の家でできることなんてないんですよね

ネームを消せる可能性があるのは樹脂軸の場合。

というわけで、以上のことを踏まえると基本的にそもそもネームを消すまでの手順をざっくりと示すと

   

  • まず樹脂軸であること。
  •    

  • プリントタイプは上から慎重に。彫刻タイプは周りを削るか、埋めてから均すか。
  •    

  • どちらもコンパウンドで鏡面仕上げをして仕上げる。
  •  

    簡単に書いてしまうとこんな感じ。樹脂軸をコンパウンドするなら、プラモデルの塗装などを本格的にやったことの有る人ならできるかもしれません。

     

    しかし、わかったとおり、基本的にネーム入れを消す作業というのは手間暇とリスクを多く伴います。
    一回入れてしまったネームを取ることは素人では難しいので大人しく業者を頼るのがいい手かもしれません。では、今日はここまで!

    万年筆の買取は、ノースペンズへ!

    ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
    「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
    「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
    「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

    ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

    他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

    壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
    買取前に相談するならこちら!
    その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
    多くのお客様からご満足の声を頂いております!



    PageTop