万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆】万年筆にアルコールは使ってはいけないという理由【清掃】

どうもみなさん、こんにちは。
こちら、査定デスクです。東京五輪は終わりましたが、新型コロナウィルスへの心配はまだまだ続きますね。
そういった中、もうさほど珍しくもなくなってしまった存在が、消毒用アルコールスプレー。
手で押すタイプ、消臭スプレーみたいなタイプ、脚で踏むやつとか色々ありますけれど……これで万年筆を拭くと、なんとなくきれいになった感じがしますよね?

しかしそれ、実は万年筆の寿命を縮めているかも……。

というわけで、御用とお急ぎでない方は是非ご覧くださいませ。

消毒に便利なアルコールスプレーは、万年筆の毒!?

にわかには信じがたいですよね。どうしてあのアルコールが万年筆に駄目なのか。
そんなの知らなくって、今まで平気な顔で拭いて来ちゃったよ!という人もいるかと思います。

ですけどまぁ安心してください。ちょっとかかったくらいじゃ基本的に何の問題も有りませんから。

しかし何度も何度もこすっていると、果たしてそうも言っていられなくなるのです。

じゃあなんで危ないのかと言うと、万年筆に使われている樹脂。プラスチックとアルコールの化学反応なんですね

万年筆で主に使われている樹脂

しかしこう思う方もいらっしゃるでしょう。

「プラスチックとアルコールで化学反応? いやいやいやいや、だってアルコールの容器がプラスチックじゃないか。なんで万年筆に反応するんだ」と

これはですね、詳しくはこちらの表をご覧ください。

参照→(日本プラスチック工業連盟)

こんなふうに、一口にプラスチックといっても、それは様々な種類があるんですね。

その中で、万年筆に主に使われている樹脂はというと、「セーラー・パイロット」はPMMA樹脂(アクリル樹脂)というものです。
おもちゃやプラスチック食器にもよく使われている樹脂ですね。コレはアルコールに反応して少し異臭を放つようになり、場合によっては割れてしまうこともあります。

一方でプラチナ万年筆はというと、こちらはAS樹脂というものを使用しており、繰り返しつけると白くなってしまいます。

こんなふうに、日本国内大手3社のものだけ見ても、基本的に万年筆に用いられる樹脂は加工がしやすく上質な製品を作れる代わりに、アルコールに弱いという特性を持っているんです。
それ以外にも昔よく使われていたエボナイトは変色し、セルロイドは白化し、問題ないのはベークライトというフェノール樹脂くらいなものなんですよ。

まあ、とはいえ触れたそばからズブズブと溶けていってしまうというわけではないのですが、いずれにしてもあまり良いことは待っていないのでできるだけやめましょうといったところですね。

万年筆の掃除は水やぬるま湯で

というわけで、今回は万年筆のプラスチックや樹脂はアルコールに弱いという話でした。
 お掃除する際には水やぬるま湯を使用しましょうねぇ。
 けれどエボナイトは、わずか50度近いお湯ですら変色したりするのでなるべく水でヤリましょう。

ではでは、今回はここまで!

万年筆の買取は、ノースペンズへ!

ノースペンズでは中古の万年筆をお買取しています。
「リサイクルショップに持ち込んだら思いの外安くってやめておいた」ですとか、
「自分では価値がわからないから宅配買取は不安」
「送ったはいいけど買取できなくって返送料がかかったら嫌だ」という方でも大丈夫。

ノースペンズなら査定や見積、送料は返送まですべて無料でご依頼いただけます。

他店で断られたもの、お値段が納得行かなかった商品でも大丈夫。ぜひご相談ください。

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!
多くのお客様からご満足の声を頂いております!



PageTop