万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

なんで?買取する前に”万年筆を洗った方がいい理由” ―めちゃ簡単な万年筆の洗い方も―

どうもみなさんこんにちは! こちら、査定デスクです。

今回はですね、なぜ万年筆を買い取るときに洗ったほうがいいのか、というお話です。

皆さんよく、万年筆やボールペンに限らず、なにかものを売るときって「きれいにしたほうがいいですよー」ってよく聞きますよね?

そんなアドバイスに対して

「いやいや、別にそんなの、捨てようと思っていたものがお金になればいいんだからいいんだよ。それに変に使って壊しちゃ元も子もないしさ」

と、お考えの方もいらっしゃるかと思いますが、それだと大損をしているのかも…。洗うっていうのは、意外と重要なんですよ! というわけで、ご用とお急ぎでない方はお立ち会い。

1.何で洗うの? それは買取業者が○○○○○から!

というわけで、お話していきましょうか。ずばりタイトルのこれ、なんだかわかります?

買取業者が”面倒くさい”から?

んー、文字数は合ってるんですけどねぇ、違いますねぇ。

正解は

買取業者が”わからない”から。なんです。

「は? お店なのにわからんってどういうことよ」

と、思うでしょ? 大丈夫あえてこういう書き方してますから。理由もお話します。

買取業者というのはですね、透視能力を持っているわけでもなければ、なにか特別な解析機を持っているわけでもありません。その経験と知識によって、目の前の商品と向き合って値段をつけます。そのときに、商品に汚れがあった場合はどうするかというと、「除去できるものかどうか」「除去するまでにどれくらい時間がかかるか」「見えない場所はどういう状況になっているか」などのリスクを考えるんですね。
「これを除去するのにどれくらい時間が必要か」「そもそも分解して修理する必要があるかもしれない」となったり、これがたとえば金属パーツに思いっきりインクがこびりついて固着してしまっていたりすると、「この下、腐食しているかもしれないな」ということで、”もしかしたら減算”が発生することになるんです。

あーいえ、たぶんほとんどの業者さんは「これこれこういう理由で安くなってます」なんて言わないと思います。だって言われたらお客様の気分を損ねて売ってくれなくなる可能性がありますから。
「いやぁ、いいもの売っていただいてありがとうございます! 一生懸命高くしましたー!」って、全く洗っていないものを持って行った時にそう言ったら「あ、あんなに汚れているものでも高い値段付けてくれたんだ!ラッキー!親切だなぁ!」っていい気分になりますよね?
で、その一方で見えないところで値段を下げているわけなんです。

お客様をいい気分にさせてその隙にばれないように値段を低く下げているケースってのがあるんですよ、これ。

「そんなの業者なんだから、そっちが洗ってその上で価格付けてくれりゃあいいのに」なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。でもこれ、できないんですよ。
基本的に買取業者さんや質屋さんって、売ってくれる前はあくまでも相手の商品を「預かっている」状態ですから、下手に洗ったり磨いたり、そういうことをして商品の状態を変えることはできないんですね。

もちろん壊したりなんだりするつもりはないんですけど、万が一の事故で「すみません磨いていたら壊しちゃいました」なんてなったら大問題なんです。ですから、ある程度リスクを考えて、低めに値段をつけるってことになっちゃうんですよね。

商品を洗っていないの買取業者が”かもしれない減算”で商品価格を下げてしまう恐れがあるし、
怪しい業者、悪い業者ほど、わざわざ値段を下げた理由なんて伝えてこない場合が多いです。

  • 買取業者は買取中の商品を掃除はできない。
  • 汚れている商品は大事を取って低めに価格をつける
  • 2.万年筆ってどうやって洗ったらいいのよ

    「いやそうは言ってもさぁ、洗うのって面倒なんだよ。そもそも俺じゃなくって親父の持ち物だったし、使い方わかんないし」

    という方もいらっしゃるでしょう。いや実際いらっしゃいます、私共にもそういったお客様は多いです。

    万年筆、と聞くとなんだか「難しそう」と思ってしまう方は多いのですが、はっきり言うとそこまでデリケートなものでもないんですよ、万年筆って。
    そりゃまぁ放ったり落したり粗い使い方をしちゃ別ですけどね?

    というわけで万年筆の洗い方は、ほんとに簡単。

    一日水につける

    これだけです。これだけ

    ペットボトルでも瓶でも使わなくなったお椀とかコップでもタッパーでも何でもいいんです。水を張って、そこに万年筆の先端を沈める。これだけでインクはたいてい抜けていきます。
    ほんとうなら、何度か吸入を吐出しを繰り返したほうが綺麗になりますが、楽を追及するとこの方法でいいんです。

    たった一日水の中につけておくだけで、外に見える大きなインクのこびりつきはたいてい落ちてくれますし、それだけでぱっと見はかなりきれいになります。少なくとも業者さんが”かもしれない減算”をする可能性はぐんと低くなるでしょう。

    一生懸命きれいにしなくても、ぱっと見綺麗になるだけで全く違います。

  • 万年筆は一日水につけるだけでだいぶきれいになる。
  • 隅々までじゃなくても、ペン先がきれいに見えていればだいぶマシ
  • 3.このタイプは掃除しても意味がない

    ただし、ものによっては掃除しても意味のない商品もあったりするんです。最後にそのあたりを説明して終わっていこうかなと思います。

    ・ゴム管が固くなってる、レバーが動かない。

    古い万年筆にありがちな問題です。インクの入ったまま長期間放置された万年筆の中には、内部のゴムサックが固くなってインクが吸入できない商品もあったりします。正直こうなってしまうとパーツ交換が大前提のジャンク品になってしまうので、綺麗にしてもあまり意味はないかもしれません。ほぼ誤差程度の価格の違いしか生まれません。

    ・もともとの価格が2000円前後

    次はそもそもの価格が低い商品です。例えば新品で2000円も払えば買えてしまう万年筆ですと、「中古品で安く買おう!」って気持ちにはなりにくいんですね。ですのでこの手の商品は掃除したところで高くは売れません。

    ・英雄、jinhao、duke等、中国系メーカーの製品

    中国系メーカーの製品は、最近は新品商品はだいぶ見直されてきました。クオリティも上がってきてますからね。ただし耐久面ではまだまだといった印象で、インクの入ったまま長時間放置するとすぐ地金が腐食してしまうんですね。
    また、もともとの価格にかかわらず、中国系メーカーの万年筆は中古相場では1000円~3000円程度でやり取りされているので、買取価格はかなり低い10~1000円程度になってしまうことも多々あります。

    と、今回はこんな感じでした。皆さんも、商品を売るときにはとりあえずぱっと見綺麗に見えるだけでもいいから、お掃除したほうがいいですよ、ほんとに! では、今回はここまで!

    今すぐ見積、買取依頼をしたい方はこちらから

    壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
    買取前に相談するならこちら!



    PageTop