万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

ボールペンって安いの?高いの? 狙い目なメーカーも教えます。

どうもみなさんこんにちは! こちら、査定デスクです。

今日はですね、万年筆ではなく、ボールペンについてのお話です。ボールペンって実際のところ買取でどうなの? って思われる方もいらっしゃると思うし、人数としてはボールペンを持っている人のほうが多いと思うのでね。
今日はその辺りのお話をシていこうと思います。

万年筆と比べると安め。でも十分に買取り可能。

まず大まかなくくりとして、万年筆と比べるとボールペンは安くなりがちです。

これは割と当たり前の話で、基本的にどのメーカーでも、万年筆よりもボールペンはちょっとだけお安い価格でリリースされていたりします。スタートの新品価格がややお安いためにこうした違いが出てくるんですね。

。例えば、新品価格1000円の万年筆と、新品価格10万円の万年筆であれば、当然後者の方が高くなりますからね。ですのでボールペンだからといって売れない!安くなっちゃう! というのは間違った話だというのはわかっていただけるかと思われます。

安くなりやすいメーカーも存在する。

しかしここで落とし穴、実は中古業界ではあまり人気のないメーカーってのも存在するんです。
それがこちら。

  • zebra
  • uni(三菱鉛筆)
  • tombow(トンボ鉛筆)
  • これらのメーカーは基本的に価格が安くなりやすいです。これらのメーカーってどちらかというと、高級筆記具よりも日常使いの安価なモデルを作っていることが多いメーカーです。サラサとかジェットストリームとかね。これらの高いモデルってどういう位置づけかというと「当社の製品の書き味を気に入っていただけたお客様に、同じ書き味でもっとグレードアップした製品を!」という目的で作られています。感覚的には通常作られているモデルの延長線上に存在する商品。もともと高級品という位置づけが得られているメーカーの製品とはちょっと違ってくるんですね。

    ですから上記のメーカーの書き味って、だいたいは既存の数百円の商品と同じなわけなんですよね。そうなるとわざわざ中古で買う理由はないなーとなってる人が多いんですね。

    高くなりやすいメーカーはこちら!

    逆に高くなりやすいメーカーというのもあります。それがこちら。

  • モンブラン
  • ペリカン
  • カランダッシュ
  • S.T.デュポン
  • ヤード・オー・レッド
  • 傾向としては「万年筆を作っているメーカー」として考えていただけるとわかりやすいです。

    特に高価格になりやすいのは「ペリカン」と「モンブラン」そして「カランダッシュ」この辺りですかね。

     ペリカンとモンブランはどちらも、「万年筆といえば」ということで有名で長年マニアに愛されてきたメーカーでもあります。限定モデルもちょこちょこ出している人もいますし、贈答品としても人気。根強いファンが多いのも理由ですね。

    まとめ

    と、ここで今回のまとめです。

  • 万年筆と比べれば安いけど、十分買取り可能
  • 国内の日常的に使うメーカーの商品は安め
  • 海外メーカーは贈答品としても人気が高いので高め。
  • こんなわけで、ボールペンのお買取りも高くなる可能性は十分にあります。
    万年筆と違って、ボールペンは構造そのものが壊れることが少ないですから、比較的古いものでも価格が付く可能性もあります。
    替え芯さえ入れなおせばまた新品同様に使えるのも強いところです。
    お買取りを検討中の方は、ぜひぜひ当店までお見積もりを。
    では、今回はここまで!

    今すぐ見積、買取依頼をしたい方はこちらから

    壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
    買取前に相談するならこちら!



    PageTop