万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

宅配買取専門の為、お電話・対面でのお取引は対応しておりません。

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

万年筆を売る? ブランド買取店に持ち込むのはアウトです。

どうもみなさん、こんにちは!

こちら、査定デスクです。

この仕事を続けているとよく聞くのですが、
「こんなに高くなるんだったら不用品と一緒に売らなきゃよかった」
という話です。

実は意外と、万年筆ってそれ単体で買い取っている業者がいるということを知らない方がいらっしゃるのです。
そういった方々が不当に安価に買い取られないために、どうしたらいいのか。
今日はそのあたりのことをちょいとお話していきます。

1.万年筆を売るのなら、専門の買取業者へ。

まず第一にですが、万年筆っていうのは捨てるようなものじゃありません。

万年筆はその名の通り、きちんと使えば半永久的に使用できるものなのです。

ですのでまずもって重要なのが、捨てるのではなく売るということ……っと、こう言うことを書くとこうお思いになるかもしれません。

「え? 売るっていうのはつまり、ネットで売ったり、店に持ち込むってこと?」
「ネットで売るのはそもそも量が多くて無理だしさぁ」
「リサイクルショップに持ち込んだとしても、どうせ安く買いたたかれちゃうんでしょ?」
「そもそも捨てるだなんてとんでもない。捨てる気なんてさらさらない、大事にしてほしいだけだよ」

と、ね。
いずれもごもっとも。
高くなると思って近くのショップに持っていったら、二束三文にしかならなかったというお話もよく聞きます。

先ほど挙げた声にはいくつかの問題に分けられます。
具体的にはこんな感じ。

  • ・一つ一つを自分で売るのは、量が多くて無理
    ・安く買いたたかれるのは嫌だ。
    ・故人が大切にしていたものだから、買い取られた後も大切にしてほしい。
  • 大きくこの三つですね。

    これらにおいて先に結論を述べるのならば、

    万年筆を売るのなら、万年筆専門の買取業者へお願いするべきです。

    実は、万年筆専門の買取業者なら、先ほどの問題一つ一つにすべて解決できます。 ・量が多くて無理
    →しっかりとした万年筆業者なら、量の多さは問題じゃありません。基本的に個別に査定額を出してくれるはずです。

    ・安く買いたたかれるのは嫌
    →お値段についてはどうしてもしょうがない部分もありますが、基本的に汚れていても壊れていてもお値段付けられるのが専門買取店です。

    ・個人が大切にしてたものだから、買い取られた後も大切にしてほしい。
    →専門で扱っているからこそ、再販する時にやってくるお客様も万年筆好き。リサイクルショップのショーケースで眠り続けて最後に捨てられる。なんてこともありません。

    といった感じで、

    万年筆専門の買取業者なら、
    量が多くても買い取れるし、
    壊れていても汚れていても基本的にお金はつけられますし、
    中古の万年筆を扱っているから既に万年筆を大切にする人への販路ができている。
    という三つの理由があるんですね。

    と、これを聞くと。

    「なるほど、買取店っていうのに売ればいいんだな!」
    「よーし、じゃあ駅前に買取って書いてあったお店に持ちこもーっと!」

    ということで、近場のお店に持ち込もうと考えるんですがちょっとお待ちを。

    実はですね、リサイクルショップやブランド買取店で、質屋さんでは万年筆の買取って向いていない場合があるんです。

    「えぇ!? でも質問したらどこも「大丈夫ですよー」って言ってたよ?」

    そりゃ言います、言いますとも。
    でもなぜ万年筆を持ち込むのをお勧めしないか、その理由をお伝えします。

    2.近くのリサイクルショップや、ブランド買取店、質屋は避けたほうが良い理由。

    これは結構単純な理由なんですが、これらのお店には基本的に「万年筆が専門分野ではない」ということが多いんです。

    ということはですよ、基本的に分解や細かな構造までは知らず、壊れたものだったりするとそもそも買い取らないというパターンにもなりかねません。
    それに「万年筆そのものを買取る」ことが目的でなく「万年筆と一緒に、ブランド物のバッグや時計なんかを売ってくれる」ことを目的にしていることが多数なんですね。

    これらの業者さんが利益を出すメインの商材が、こういったブランドバッグやブランド時計。
    なので、あくまでも万年筆は「そういった高級品を持っている可能性がある」という指標として見ているにすぎないのです。

    よく、買取師とか、専門のバイヤーっていう文言がありますけれど、これらの人は商品に精通しているわけじゃあないんです。
    正確に言うと、商品の相場を見る力が強いというだけであって、万年筆そのものにはさほど詳しくはないんですよ。

    3.だから、ぜひとも当店にお売り下さい!

    というわけで、万年筆を売るには専門買取店が一番いいんですよということが少しでも伝わればと思います。

    最後に、私共「万年筆買取ノースペンズ」をご利用いただくと、こんないいことがありますよーというのをご紹介。

    万年筆買取ノースペンズの利点

    ●壊れたもの、名入れが入っているものでも買取可能!

    五千本以上の万年筆を見てきた専門のスタッフがお買取りしています。
    豊富な万年筆の取り扱い実績により、多少壊れていたり、名前が彫ってあるものでもお買取り可能です、
    また、万年筆の専門買取のため、他店とはパーツの保有量が違います。
    たとえ壊れた製品でも、同じメーカーの対応するパーツを組み合わせることで、もう一度使ってもらえる商品に生まれ変わらせることができます。

    ●負担はゼロ。手数料などの細かな費用は一切ありません。

    よく返送料は有料ですとか、段ボールを手に入れたり、見積もりでちょっとした手数料がかかるという話を聞いたことがあります。
    私共なら、万年筆を送ってからお買取り、もし査定額が気に入らなかった場合でもすべて送料等は私共が負担します。
    査定の結果を見て個別で買取にするか、返送にするかを選んでいただいてもかまいません。

    ●親切丁寧な対応が評判。

    ありがたいことに、ご利用いただいたお客様には丁寧な対応に満足という声をいただいております。
    買取比較サイトのヒカカク様で投稿いただいた口コミをぜひご覧ください。
    https://hikakaku.com/company/15784
     

      と、ここまでいろいろと手前味噌なことを書いてしまいましたが、実際万年筆の買取には自信があります。
    それもほかの店舗では断られてしまうような壊れた万年筆、書けない万年筆の買取には負けません。

    買った時の思い出や、送られた時の思い。長年連れ添った万年筆という優れた道具を、少しでも次の大切な人につなぎたく、日々頑張っている次第です。

    今お買取りを考えているかたは、ぜひとも一度、当店にお問い合わせください!



    PageTop