万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(月~金 9:00~17:00 土日祝日を除く)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【montblanc】二桁シリーズの分解洗浄【吸入機構】

どうもみなさん、こんにちは!

こちら査定デスクです!

今回はモンブランの2桁シリーズを分解・洗浄していこうかと思います。
御用とお急ぎでなければお立ち会い。

↓↓↓↓↓気になる内容はぜひ下へ↓↓↓↓↓
目次

二桁シリーズのヴィンテージモンブラン
吸入機構が動かない……分解して洗浄と修理!
無事くみ上げてその結果は?

買取・見積・お問合せリンク一覧

二桁シリーズのヴィンテージモンブラン

というわけで、今回はこちらの商品ですね。

もう見るからにインクがこびりついております。
キャップ内は綿棒で掃除をするとして、ひとまずこれは首軸をきれいにしないとですねぇ。

というわけで首軸を外してみました。

実はこれは意外と簡単に取れます。
ちょっと取るのに苦労しそうなときっていうのは、あったかめのお湯につけてください。大体ですが、温度は70度前後ですかね。

それで緩くなったらくるくるとまわしてとります。

これで首軸を掃除してめでたし……と、行きたいところですがこれがそうもいかないんですな。

ここを注目。

吸入機構が動かない……分解して洗浄と修理!

はい、これ。わかりますかね。

軸内部のピストンが既に限界点まで来ています。一番押し出されている状態。

いや、そんなの普通なんじゃないの?って思うでしょ? こっちを見てください。

この後ろの尻軸パーツを回すことでピストンが押し出されるんですけど、通常時と比べて明らかに回り足りてない。本来であればここには数ミリの間が空くはずなんです。

これは何かのタイミングで、前に引き出されすぎたか、内部で回りすぎてパーツがうまくかみ合ってないんですね。

というわけで、これも分解します。

ポイントはここですね。軸ってのは外側の黒いパーツと、中のスケルトンパーツ。そんで内部を上下するピストン機構で成り立っています。ざっくりいうとですが。

そんで、今回はこの内側のスケルトンパーツだけを回して引き抜くのが目的です。

たいていは接着剤でくっついている状態なので、これをあっためてゆる~くして取ります。

反時計回りにくるくると取っていくと……

こうなります。まあ、スケルトンパーツにインクがたまっているのは予想通りとして、やはり、内部のピストン吸入パーツが壊れておりました。

この下側のギザギザしたパーツがピストンパーツの中で回ることで、ボルトとナットのようにピストンが上下に移動します。

で、今回はそのボルトのほうが一番後ろのパーツから抜け落ちていたことが問題。

本来はこれを直しちゃうのがベストなんですが、たまたまジャンク品としてパーツ取りしていた尻軸ぱーうtがあったので、それと入れ替えます。

掃除してくみ上げると、こんな感じですね。

今度はこっちの、首軸のほうを直していきます。

といっても、やることは前回と同じですが。

まずは、ペン先とペン芯を首軸の中から引き抜きます。

大まかな汚れを取ったら、ペン芯を抑えながら、セロテープ等でペン先を抑えて慎重に引き抜きます。まっすぐにね。

それで全体の汚れを落としてもう一度くみ上げれば……。

無事くみ上げてその結果は?

と、いうわけで無事書けるように修理完了です。

2桁シリーズ、3桁シリーズは流通量も多く、比較的修理も行いやすいのがいいですね。

では、今回はここまで!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop