万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(月~金 9:00~17:00 土日祝日を除く)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆】中古の万年筆でマーブルを楽しむ【used】

どうもみなさん、こんにちは!

こちら査定デスクです!

今回はですね、お買取に関してっていうより、ちょっとした万年筆に関する雑談ですね。

タイトルにもある通り、マーブル系の万年筆についてのお話です。
あ、先に断っておきますが「マーブルの万年筆は高く付くんですよ~」とか、
「最近はマーブル万年筆が来てる! これを売るのが得!」とかって話じゃあないです。

ええ、趣味ですよ!!!!趣味!!!!1!!1!
ガハハ!!!!

そんなこんなで生産性のないお話ですが、少しでも楽しんでいただければと思います。
御用とお急ぎでなければお立ち会い。

中古で買うならマーブル柄? マーブル系万年筆の個体差

てってーん

はい、今回の話の種はこちらの商品。

ペリカン クラシック 200 ゴールドマーブル

ですね~。

皆さん万年筆の個体差っていうと、多分書き味だとか、インクの通りを思いつくと思うのですが、
一番個体差が出るのはやはりこのマーブルの色味じゃないかと思います。

いやいや、そんな変わらんじゃろって?
それならこいつはどうじゃい!



はいこれ、おんなじモデル。
いやほんとに。

多分メーカーの製造段階で、最低これぐらいっていう基準はあるんでしょうが、マーブルは製造の性質上おんなじ模様って無いわけなんですよ。
それでね、中古の文具ってこういう面白みってあるんじゃないかなと。

マーブルもそうですけれど、他には天然素材の木材とか、石材(大理石とか)を使ったやつは特にですね。

厳選し抜いた柄の万年筆を集めてストックしたりだとか、
中古ショップで見かけたり新品の店頭販売で見かけた商品に、
ビビっと運命を感じていくのって楽しいなぁと思ったわけですよ。

マーブルで出回っているのだとアウロラのオプティマシリーズとか、
レアなのだと今はなきデルタのドルチェビータシリーズ。
天然素材だと各社のブライヤー系万年筆とか良きですね。

個人的におすすめはセーラーのキングプロフィットブライヤーのターコイズですね。
(買うとめちゃんこ高いので見てるだけですが)

いつか手に入れたいなぁ……



では、今回はここまで!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop