万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【万年筆を】ネーム入りでも高額買取を狙うコツ【高く売る】

どうもみなさん、こんにちは!

こちら査定デスクです!

今回はですね、久しぶりに万年筆を高く売るためのコツを伝授させていただければと思います!

今買取をお考えの皆様は、ぜひぜひ、ご覧くださいませ!

それでは、ご用とお急ぎでない方はお付き合いくださいませ。

万年筆を高く売るには「キレイ」「付属品完備」そして「名入れ消」


はい、というわけでね、万年筆を高く売るコツです。

基本は2つ、「キレイに掃除すること」
「付属品は可能な限りつけること」

これは汚れているものよりはキレイなもののほうが高くなるし、付属品は無いよりあるほうが高くなります。
このあたりは割とどこでも書いてあるのであんまり目新しくも無いのですが……。

あんまり他では言わないことをお伝えしてこそ価値がありますからね。
そんなわけで今回お伝えしたいのが「名入れ消し(ネーム消し)」です。

そもそも名前入り万年筆は売れるのか

そもそもですよ? そもそもの話、ネームが入っている商品って、



売れないです。

はいもうぶっちゃけますよ、売れません。

だってそうでしょう?

自分がお買い物するときに、自分と全く関係のない人の名前が書いてある商品が店頭にあったら、基本的に別のを探しますし、もしそれを買うとしても、名前が入ってることを原因に安くする交渉材料に使われます。

「それでも、自分と同じ名前の人なら欲しがるかもしれないじゃないか!」

って声も聞こえてきそうですが、そもそも都合よくそんな人は現れませんし、そこまでして名前入りの商品がほしければ、新品を買って名入れを頼むはずですよ。

ということは、



ネーム入り商品の買取額は安くなる


のが通例なわけです。

はい、これがまず前提です。
この前提の上で、解決方法が次になります。

ネーム入商品を高く売るには、「ジャンク品」で検索だ!


さて、すでにネーム入り商品がめちゃ安くなるってことはお伝えしました。

「可能であるならネームなんて消したい!」

といっても、その商品のネームが入っている部分を消すっていうのは難しいです。
まあ技術的な方法を言えば商品と全く同じ素材を買ってきて、商品に流し込んで表面コーティングして何してアレしてってことなら不可能ではないですが、それはあくまでも理論上可能であるというだけの話。

現実的じゃないですよね?
メーカーでもやらないです。素人プロ関係なしにそこは無理って話です。

そこで、です。
一番簡単な方法は、


「キャップ部分などをジャンク品で手に入れる」

そう、ネーム入りが原因になるんなら、その部分をすげ替えちゃえばいいんですよ。
おんなじモデルなら型が合うからキャップがハマるわけですから。

ここで肝なのが、「ジャンク品を買う」ということ。

せっかく売ってお金にしようとしているのに、新品を買って変えていたら赤字ですし、
中古品だとしても結構な赤字です。なぜって買取価格は中古品よりも安い場合がほとんどだから。

しかしジャンク品というのは、そもそもその商品が商品として機能していないものです。
商品によってはほぼタダ同然で手に入れることもできるかも!

その商品のネーム入りがされてない部分をすげ替えれば……「名入れのされていない商品」が完成するわけです。

どうです、なかなか簡単でしょ?

ただこれには2点ほど気をつけるべき点があって……


・径があってるからって他の商品のパーツを使わない。
・スーパーコピー品、偽物は使わない。


これですね。
これは純正パーツ以外のものを使うと、思わぬ損傷を生むっていう心配もありますが。
そもそもパーツが違っているとお値段は下がりますし、というかスーパーコピー品だとしても、
私達のような買取をする人だとすぐにわかります。

そうなると「おや? なんかこの商品変だな、怪しいぞ……?」となって、
最悪の場合「買取不可」として返送される場合もあります。

ですのでこういったものは使わないように!

さてさて、今回はこんなところですかね。

名入れ商品はジャンクパーツを使って思わぬ高額になるかもしれません!

では、今回はここまで!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop