万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【高額】ボールペンで高くなりやすい商品って?【買取】

どうもみなさん、こんにちは!

こちら査定デスクです!

今回は万年筆ではなく、ボールペンのお買取に絞ったお話です。

ボールペンのお買取を高くなりやすい商品とはどういうものなのか?気になりますよね?

では、御用とお急ぎでなければお立ち会い。

ボールペンは状態による価格変動が起きにくい


さて皆さん当然のごとく、キズのついていない商品のほうが、キズのある商品よりも高くなるのはなんとなくわかりますよね?

ただ、(あくまで万年筆と比べるとですが)ボールペンってキズのある商品とない商品の差ってそんなに無い気がします。

というのはですね、ボールペンって万年筆と比べて、


筆記性能は替芯にゆだねているんですよ。



ボールペンの構造もかなり複雑ではありますが、正直問題なく芯さえ繰り出せればいいわけです。
(それでも書けない場合、芯分の価格は値段が下がっちゃったりしますけどね)

だから筆記性能が本体とは切り離せない万年筆と比べて、キズによる減額は少ない商品ジャンルとなります。

ただ、指で触れてわかるようなキズや、目を凝らさなくてもわかるようなキズとか、名入れのある商品は流石に大幅に査定額が下がる可能性がありますけれども。

狙い目なのは、「モンブラン」「ペリカン」「カルティエ」


そんな中で狙い目な商品はメーカーで言うと「モンブラン」「ペリカン」「カルティエ」の商品となります。

どの商品も、立派な大人として持っておきたい高級ボールペンってやつですね
ちなみに買取価格の相場(そこそこ細かいキズがあって、箱等が揃っている状態で)はこんな感じ




モンブラン
マイスターシュテュック ル・グラン
買取相場:8000円~10000円




ペリカン
スーベレーン K800
買取相場:6000円~7000円




カルティエ
ディアブロ

買取相場:6000円~8000円

さてさて、今回はこんな感じ。
まとめると……


・ボールペンは万年筆に比べて、キズがあっても高くなりやすい
・それでも目立つ傷、名入れ、機能不全、芯のインク切れは要注意
・狙い目なのは「モンブラン」「ペリカン」「カルティエ」


っとこんなところですかねぇ。

もし皆さんのお手元に気になる商品がございましたらば、ぜひぜひ一度お見積りをお送りください!

では、今回はここまで!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop