万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【カラーインク所持者必見!】複数のインク使用について! & デルタ万年筆 二本買い取りました!


皆さんどうもこんにちは!
こちら、査定デスクです。

そろそろあったかくなってきましたね、「さよなら」と「はじめまして」のシーズンに近づいてきたためか、買取依頼の数も多くなってまいりました。
誠にありがとうございます!

さてさて、今回はお買い取りした商品の中に気になるものが2点ございましたので、紹介させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回紹介しますのは、
デルタ ウェイスモルフィア レッド/ゴールド

デルタ ドルチェビータ ウェイ
の二本でございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デルタのウェイシリーズといえばなんといっても特徴的なのは、クリップに収められた、「コルノ」と呼ばれるパーツ。

こちらですが、実際のところ筆記には関係のないパーツで、イタリアで魔除けの風習として使われるものなのだとか。

デルタですから万年筆としての質はもちろんのこと、こういったちょっとした一工夫のある商品は、贈り物としても最高ですね。

シックでありながらも、他とはちがう主張を持った個性がおしゃれです。

 

今回は付属品はございませんでしたが、どちらも比較的状態がよく、良いお品をお譲りいただけました!

 


 

さて、買取実績につきましてはここまで。

ここからはタイトル通り、複数のインクを使う際のお話になります。

先日、筆者の友人が万年筆が使えなくなったというので困っていたので、ちょっと見てみました。
どれもこれもインク詰まりが原因だったので、すぐに解決したのですが、

 

洗浄してみると出るわ出るわの

 

聞いてみますと、

同じペンでいろんなメーカーのカラーインクを使用しているとのこと。

       ↑

コレ、実はかなり良くないです。

このことを友人に言ってみたのですが、彼はこんなことを言います。

『万年筆のメーカーが、ペンに悪いインクを出すはずがないだろう』

もちろん、その通り。
万年筆の素材自体はそこまで大きく変わるわけではありません。
ですから、Aのメーカーの万年筆に、Bのメーカーのインクを入れたとしても、すぐに問題になるわけではありません。

ただそれは、同一のメーカーのインクを使用している場合での理論。
問題なのは、別メーカーのインクが混ざってしまうこと。

企業努力というものの限界かもしれませんが、メーカー様は他社のインクの全てを知っているわけではありません。
それが国内外ともなればなおさらで、極稀にインク同士の含有物が反応を起こして、放置していると粘性を持って固まってしまうこともあるそうです。

とはいえ、お気に入りのペンで、いろんなカラーの字を書きたいというのは、万年筆を使用するにあたってもっともな欲求です。

ですので、大切なペンを長持ちさせるためにも、別カラーのインクを入れる際には、
しっかりと洗浄してインクが全く無くなった状態で行いましょう。

彼も、ひとまずはコレで納得していただけました。

みなさんも複数のインクを使用される際にはお気をつけて、万年筆をお楽しみください。

それでは、本日はこれにて!



PageTop