万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【ボールペン買取】書けないボールペンの芯。抜くべきか抜かないべきか【査定額UPのコツ】


どうもみなさん、こんにちは!

こちら、査定デスクです。

さてさて、最近は買い取りした商品の紹介ばかりでしたからね、
今回はボールペンお買取の際に役立つかもしれない記事です。

御用とお急ぎでなければどうぞご覧ください。

書けないボールペンの芯。抜くべきか抜かないべきか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


皆さんブランドボールペンはお持ちでしょうか?

頂いたり、奮発して買ってみたりして、ずーっとお気に入りで使っていたり、
あるいはなんだかんだで家においておいて、結局コンビニの一本100円のボールペンを使っていたり、
そのあたりはいろいろで面白いところです。

んで、「そーいやボールペンって売れるんだよなぁ」と聞いて見積してもらおうと思った矢先です。



「……これ、書けないけどこのままで、いいのかな……?」


書けないボールペンって値段下がるんじゃないのかって、不安になりますよね。

「あとで抜くかもしれないんだったら今のうちに抜いておいたほうが手間も省けて価格もあがるかな?
「わざわざ使えないものを送ってしまうのも失礼なんじゃ……?」
いろいろ考えてしまいますよね。

そんなときのチェックポイント、皆さんにお伝えいたしましょう!

ポイント1:限定品じゃないか確認



これは万年筆でも同じことなんですが、
そのボールペンが1年限りの限定モデルだったり、
廃盤されているけど人気のモデルだったりすると、
リフィルの有りなしや書ける書けないはそもそもあんまり関係なかったりします。

これは至極簡単な理由で「いやいや、書けなくてもそのモデルがほしいんだよ!」って人がいらっしゃるからですね。

対応する替え芯は買えば手に入りますが、生産停止になったモデルを探すのは一苦労ですからね。
ボールペンに「◯◯◯/800」みたいな数が書いてあったら貴重品かもしれませんよ!
※ちなみに↑のは「800本中の◯◯◯番目の商品」って意味です

ポイント2:安く手に入れられる別のリフィルがないか確認



ブランドボールペンの替芯、意外と高いですよねぇ~~。

インクがなくなったから、「どれ近くの文房具屋で買おうかね」と思っても「え、置いてないけど……」と言われたり、
じゃあ買った店に替え芯を求めに行ったら「1000円でーす」と言われて驚いたり。

そのブランドの純正ボールペン替芯って意外と高いものです。

しかしですね、実はこの替芯特にPARKERボールペンのクインクはそうなんですが、
他のメーカーの替え芯と形が全く同じだったりします。

万年筆のカートリッジも同じ。実は形が同じだったりすると使えちゃうのがヨーロッパ系の筆記具の特徴だったりします。

例えば顕著なのはラミーの「Lamy2000 L401」という4色ボールペン。
これの純正芯を買おうとすると、amazonで4色せっとで1600円前後! ひぃ!
ところがどっこい対応するパイロットの4c規格の替芯だと……1本200円前後、4本揃えても800円違ってきます。
※ただlamy2000に入れるならZEBRA替芯だけはだめですぞ! 中のパーツが広がっちゃうから。

まあもちろん形が同じとはいえ、書き心地は違ったりするわけですが。売っちゃうのならその辺りはあまり考えないでもOK。
ただまあ、別メーカーの芯を入れていると、純正芯を入れている場合よりもちょっぴりお値段が下がる可能性もあるのでそこのとこだけ注意です。
もちろん、芯なしよりはお値段上がりますけれどもね。

探し方としてはグーグルとかヤフーで「”持ってるペンの名前” 替芯 互換」とかって調べると出てきます。

ティッシュで書いてみて確認!


さて今度は家庭の裏技的なもの。

ボールペンの替芯、実は「長い間ほっていおいて出てこないだけ」だったり、
「先のボールが固まって出てきてないだけ」かもしれません。

そうなったときは、ティッシュを二枚ほど取って、コロコロとしばらく書いてみてください。

意外と出てきたりしますよ!

結論:とりあえず、リフィルは抜かずにおいておいたほうがベター。

さて最後に結論としては、結局抜かない方が高くなる可能性ありということになります。

もしかしたら家庭でいくら試してみても、万年筆やボールペンを何十本何百本と見てきたバイヤーさんだったら、
なんとかできるかもしれない問題もあるかもですからね。

ですので、「書けないもの送ってもなぁ」という気遣いにはもう足が向けられないくらい感謝しつつ、
どうぞお気になさらず送ってきてくださいませ。

では、今回はここまでッ!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop