万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【買取の】万年筆やボールペンをちょっと高く売るには-その2【コツ】


どうも皆さんこんにちは、こちら査定デスクです!

前回は万年筆やボールペンを少し高く売るコツとして、
「梱包はキレイに行うべし!」
ということをお伝えしていきました。

今回はその続きとして、またお話させていただきますね~

万年筆はインクが出なくなるまで。ボールペンはリフィルからのインク漏れに注意スべし!


ハイということで、何回かこのブログでも記載していますが、やはり万年筆の洗浄は大事です。

ただ、このブログではそうはいうものの、

どうやって洗浄するのかはあまり伝えていない!
ということに気が付きました。

てなわけで、今回は改めてなるべく面倒な道具を用いずにできる、万年筆のお掃除方法をお伝えします。


では、まずはこちら。
用意するのは、

  • 汚れた万年筆
  • 空き瓶(or半分に切ったペットボトル)
  • ブロワー※中のピストンを動かしてインクを吸入するタイプならこれは不要です。

  • ですね。

    その中でも、おそらく新しくご用意する必用があるのはこちらのみ。



    ブロワーです。

    最近だと100円ショップなんかにも売っていると思いますので、入手は比較的簡単です。

    大切なのは、

    水を吸えてある程度の勢いで出せる容器
    ですので、注射器のピストンみたいなものでも大丈夫です。



    一応理論上は水鉄砲なんかでもできますが物によっては壊れちゃうかもしれないのでおすすめしません。

    それよりは、空の霧吹きなんかを使うのが良いですね。
    ※何か薬品が入っていた霧吹きを使うときには事前によ~~~~~~~く洗っておいてくださいね!


    で、まず万年筆からインクを抜きます。

    カートリッジ・コンバータ両用式なら、コンバータやカートリッジを抜いて、首軸を水に突っ込んで


    ブロワーで後ろからシュポシュポします。

    もちろん、コンバータでやっても大丈夫ですが、ブロワーのほうがずっと時間も短縮できますし、キレイになります。



    吸入式の場合は、こうやって尻軸を回してインクを出し入れしてください。



    こうしてインクが出なくなるまでやれば、後は布やティシュの上に置いておいて、しばらく放置。

    これだけでだいぶインク汚れは落ちますね。

    やることとしては非常に簡単。
    ただこれをやるかやらないかで結構査定額は変わってきます。

    というのも、インクが落ちていない状況だとペン先の状態なんかがわかりませんからね!

    皆さんお買取りに出す前には、一度キレイにしてお値段UPを狙ってみてはいかがでしょうか。

    では、今回はここまで!

    壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
    買取前に相談するならこちら!
    その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



    PageTop