万年筆、ボールペン、シャープペンなどの買取専門店

042-689-6992(営業時間 9:00〜17:00)

こちら査定デスク ブランドペン買取最前線

【レア物】ほぼ日のキャップレス万年筆 お買取しました【パイロット】


どうもみなさん、こんにちは!

こちら、査定デスクです。

さて皆さん、今回はまた珍しいものを買い取りしましたので、ぜひご紹介したいなと思いブログにしました!

御用とお急ぎでなければぜひご覧ください。

ほぼ日のキャップレス万年筆 マットブラックな大人のペン



ててーん

はい。こちらです。

商品名としては「ほぼ日のキャップレス万年筆」となります。

一時期のみ受注生産していたものなのでかなりのレア物です。

ちなみにほぼ日ってなによって言うと、
あのコピーライターの「糸井重里」氏が主催し、(→糸井重里氏 Twitter
株式会社ほぼ日」様が運営されている、
ほぼ日刊イトイ新聞」というウェブサイトになります。

糸井重里さんってみなさんご存知でしょうか。
有名な方ですのでご存知な方がほとんどかとは思われますが、もし初めてという方がいらっしゃれば是非上のリンクからご覧ください。

筆者的には一番イメージが強いのはゲームの「MOTHER」ですね。2が好きです。1も泣けます。
まぁ、ゲームの話は(たくさんしたいですが!)置いておいて、

こちらの万年筆はそのほぼ日刊イトイ新聞の設立20週年を記念して受注生産された万年筆なのです。



見た目と箱はこんな感じ。

ベースモデルとしては、キャップレス マットブラックですね。

全長140mm 最大系はおおよそ13Φ。

実はキャップレスのマットブラックはクリップもマットブラックなモデルなので、
ボディはブラック、クリップはクロームっていう仕様はこの商品だけかも。

万年筆そのものはシックなマットブラックとクロームなのに、箱の方は発色の良いイエローって良いですよねぇ。
ちょっと画像がやや強い黄色になってますが、実際にはもう少しマスタードイエローっぽい?
ほ~~~んのりだけどオレンジ気味ですかね。

このビシッとしてるところと遊んでいるところが共存してるのがセンスいいですよね。
大人の余裕って感じです。


軸には、ほぼ日刊イトイ新聞のコピー「Only is not lonely」が記されています。
※調べたらもう18年も前の記事でした。

じゃあ早速書いてみましょうかね。


ちなみにキャップレスでもこういうコンバーターつければいろんなインクを楽しめますよ。

これは確か、「コンバーター40」でしたっけね。



書いてみた文字はこんな感じ。

やっぱりベースはキャップレスですし、書きやすさはグンバツですね。

クリップのところがいい具合にグリップになるのも素晴らしいです(ダジャレじゃないです。

近々この商品もヤフオクに出す予定なので、よければ御覧くださいね~。

では、今回はここまで!

壊れていても、大丈夫! あなたの万年筆を買い取ります!
買取前に相談するならこちら!
その他なんでも、万年筆のことでお問合せはこちらっ!



PageTop